大津市で探偵事務所へパートナーの不倫の相談を行い生活調査を依頼して証拠を見つけます

MENU

大津市で探偵が不倫相談の調査で開始する順序と中身

不倫の調査を探偵事務所に無料相談サービスを使って頼み、調査内容を知らせ見積り金額を出してもらいます。

 

調査方法、調べた内容、見積り金額に同意したら実際の取り決めをさせていただきます。

 

実際に契約を結びまして調査を進めます。

 

不倫調査する場合、2人1組で実施されることが多いようです。

 

場合によっては、求めに受けて人員の数を検討させることは可能なのです。

 

当探偵事務所の調査では、リサーチの間に常に報告がきます。

 

なのでリサーチの状況を常にとらえることが不可能ではないので、安心していただけると思います。

 

 

私どもの事務所での不倫の調査のご契約では日数が規定で決められているので、規定日数分でのリサーチが終わりましたら、リサーチ内容とすべての結果をまとめた調査した結果の報告書を受け取れます。

 

リサーチ結果報告書には、詳しい調査内容においてリポートされ、不倫の調査中に撮影した写真が同封されています。

 

不倫調査の後、ご自身で裁判を申し立てる場合では、これら不倫の調査結果の調査の内容、写真とかは大事な証明に必ずなります。

 

このような調査を探偵事務所に要請する狙い目としては、このとても肝心な現場証拠を手に入れることにあります。

 

仮に、調査結果報告書の結果にご納得いただけない場合は、調査続行の依頼することもやれます。

 

不倫調査結果報告書に納得して取引が完遂した場合、これでご依頼された不倫調査は完了となり、大切なリサーチに関する資料は探偵の事務所で処分されます。

大津市で不倫調査は探偵が掴んだ証拠を法廷に提出できます

不倫調査といえば、探偵の事務所を思い浮かべますよね。

 

探偵とは、お客様のご依頼を受けまして、聞き込みやターゲットの尾行や、張り込み等さまざまないろいろな方法を使って、目的の人物の居場所、行動等の確かな情報をピックアップすることが仕事です。

 

わが探偵事務所の仕事は色々あり、多いのは不倫の調査です。

 

やはり不倫調査はかなり多いのですね。

 

秘密性が重要とされる探偵は不倫調査にはマッチするといえますね。

 

当探偵に不倫の調査依頼をしたら、プロの知識やテクニックを使って、ご依頼者様が求める確かな情報や証拠を積み重ねて報告します。

 

 

不倫の調査のような調査依頼は、昔まで興信所に調査の依頼するのが普通でしたが、興信所には結婚する相手の身元確認、企業の雇用調査等がほとんどですので、一般的な探偵業のように影で調べるのではなく、目的の人物に対して興信所より来たエージェントだと名乗ります。

 

それと、興信所というところはそれほど細かく調査しません。

 

ごく親しい友人へ情報を調べるだけということもしばしばあります。

 

最近、不倫の調査では、気付かれないように、調査をしてほしい人が多くいるので、興信所よりも探偵の方が利点はかなり大きいです。

 

探偵業へ対する法は昔は特になかったのですが、不適切な営業活動が多発したことから平成19年6月に探偵業を取り締まる法律が制定されました。

 

なので、所定の届出が出されていなければ探偵業を営むことができません。

 

これにより信頼できる業務が営まれていますので、信用して不倫調査を依頼できるでしょう。

 

お悩み事があった時は最初に探偵に相談することをオススメしたいと思ってます。

信頼の探偵事務所はコチラ

 

⇒今すぐ無料で相談できます

大津市で探偵スタッフに不倫の調査を依頼した時の金額はいかほど?

不倫調査で必要なことは探偵での要望とはいえ手に入れるには裏付等を脱毛に不服だった場合に、優秀な分、コストは高騰する動向があります

 

とうぜん、依頼をお願いする探偵事務所で費用は異なってきますので、多くの探偵事務所があるならその事務所ごとで費用は異なっているでしょう。

 

不倫リサーチの場合は、行動する調査として調査する人1人につき一定料金がかかるのですが、人数が増えますとそれだけ調査料金がそれだけ高くなってしまいます。

 

行動調査には、尾行だけ、不倫しているかの結果のみの簡易的な調査と、事前の調査と探偵用の特殊機材、証拠になるVTR、報告書で提出する「基本調査」と二つあります。

 

行動を調査するかかる料金は、1hずつを単位と定められています。

 

決められた時間を超えて調査をする場合は、延長代金がさらに必要になってきます。

 

 

尚、探偵1名分につき60分毎に費用が必要です。

 

他に、車両を使ったときは費用がかかってきます。

 

1日1台の料金で定めています。

 

必要な乗り物種類や数によって必要な費用は変わります。

 

交通費やガソリンや消耗品等探偵調査するのにかかる諸経費等もかかります。

 

あと、その時の現場状況になりますが、特殊な機材などを使うときもあり、そのため別途、料金がかかる場合もあります。

 

特殊な機材とは、暗視カメラや偽装カメラ、隠しカメラ、通信機器、隠しカメラのモニター様々な機器が使えます。

 

わが探偵事務所ではそのような特殊機材を用いて高いスキルで問題の解決に導くことが可能なのです。